婚活サポートブログ

40代アラフォー世代に贈る、婚活必勝法。

アラフォー男女

江坂の結婚相談所SERMENT(セルマン)です。

セルマンにも40代アラフォー世代の方からのカウンセリング、そしてセルマンに入会される方も最近多くなってきています。

カウンセリングに来る40代アラフォーの方が結婚相談所の利用を検討する理由として伺うと

●仕事や日々の生活が忙しくて気が付いたらこの年齢になっていた。

●今までは独身でも良いかなと思っていたが、両親を安心させてあげたいと思うようになった。

●色々と恋愛をして、付き合ったり別れたりをしたら40代に。

●離婚をした。

このような事で、婚活をスタートしています。

結婚相談所での40代のアラフォー世代の婚活において、SERMENTが加盟するIBJの会員詳細データでも、40代アラフォー世代の利用者は全体の約37%になります。

現在の晩婚化の影響もあって、30代に次いで40代の婚活者が多く活動をしています。

40代アラフォー世代の方が多く結婚相談所で婚活をしていると言う事は、

“私にも結婚のチャンスが広くなるのではないか?”

そう思われるかも知れませんが、実際はなかなか思うように婚活を進める事ができない場合もあります。

”40代婚活”のキーワードでググッてみると、40代アラフォーの婚活は絶望的な表現で記載されている記事やコンテンツを見かけます。これについては、正解とも不正解とも言えます。

そこで、セルマンでは40代アラフォー世代の結婚相談所での婚活の進め方について
お伝えしていきます。。婚活カウンセラーである私も40代アラフォー世代。同世代の婚活者への応援の意味も含めて紹介していきます。(忖度なく)

40代アラフォー世代に贈る、結婚相談所での婚活方法。

●40代活動者数データ

※日本結婚相談所連盟IBJ2018年3月データより。

文頭にも紹介した通り、結婚相談所で40代の占める婚活者数の割合は男女合わせて

約37%(36.7%)になります。

男女で分けると、女性30.4%、男性43.0%になります。

40代アラフォー世代の結婚相談所登録数は全年齢の約女性3割男性4割にのぼります。

これだけ多くのアラフォー世代の方が結婚相談所に登録をしているのです。

●40代はなぜ婚活で苦労するのか?

先ほど、紹介したように女性の3割、男性の4割が結婚相談所に登録しています。
それだ多くの人が登録をしているのに、なぜ40代アラフォーの人は婚活に苦労するの?
そう考える人も多いのではないでしょうか。

その前にもう少し掘り下げてみたいと思います。

●あたの結婚相手に対する条件(希望)は?

あなたは結婚相手にどのような方(スペック)を条件としますか?
結婚相談所のカウンセリングや入会時に必ずと言っても良いほど、聞かれる質問です。

セルマンでもお聞きしています。

この質問に対して

男性の場合、お相手(女性)の年齢
女性の場合、お相手(男性)の年齢と年収。

とぼんやりと答えられる方もいるが、実際は相手への条件として

●男性は自分よりも5歳以上年下を希望。(本音は10歳ほど年下)

●女性は自分と同年代から5歳上くらいまで、年収は男性は600万円以上(本音は700万円以上)を希望。

男女それぞれの持つ結婚相手に対する条件となります。

では、上記に紹介した、アラフォー男子が求める女性のタイプを“30代後半の女性”をモデルケースとし、アラフォー女性が求める男性のタイプを

では、男性が求める、自分よりも5歳以上年下の女性(30代後半の女性)は、どのような男性を条件とするのでしょうか?
女性が求める同年代から5歳上くらいまで、年収は男性は600万円以上男性は、どのような女性を条件とするのでしょうか?

●30代後半の女性はどのような男性を条件とするのか?

35歳の婚活をする女性が理想とする結婚相手として、多くの方は同年代プラス5歳以内

の方を望まれ、35歳~40歳までを条件としています。

その理由としては、出産の事を考えられています。
セルマンで活動する女性の方も同年齢(上は3歳くらいまで)の申し入れが多い傾向になります。

●40代年収600万円以上の男性はどのような女性を条件とするのか?

40代前半の婚活をする男性、年収600万円以上が求める女性は、先ほどにも紹介したように
年齢では30代中頃よりも若いお相手を望まれる傾向にあります。

セルマンで活動する40代アラフォーの男性会員(700万代)を例に取ると、お相手へのお見合いの申し入れは、20代後半から35歳くらいまでの年齢の方がその大半を占めています。

●それぞれ求める条件に対するミスマッチが最大の原因

上記にそれぞれの方が求める条件をまとめてみようと思います。

□40代女性→40代年収600万以上の男性

40代年収600万以上の男性20代後半~30代中くらいまでの女性

20代後半~30代中くらいまでの女性→自分の年齢5歳上まで。

上記のように、それぞれの性別年代の方が持つ条件にミスマッチが発生してしまうのです。

●40代アラフォー世代の結婚相談所での婚活方法。

40代アラフォー世代の男女が婚活に苦戦する最大の理由として、先ほどご紹介したように、それぞれの性別年代の方が持つ条件にミスマッチとなります。そのミスマッチを理解した上で、男女それぞれが持つ条件に幅を持たせる事が必要になります。

40代の男性は、同年代の女性も条件に入れ、積極的にお見合いをするようにする。

40代の女性は、自分の年齢よりも5歳~10歳上くらいの方も条件にれ、積極的にお見合いをするようにする。そして年収もそこまで求めすぎない。

もしあなたが年収700万円の男性を条件とするなら、自分の年齢から年の差×100万円が
お見合い相手が容認してくれる最低条件と、他の仲人から耳にした事があります。

(例)自分の年齢40歳 + 7歳×100万円 =47歳以上

この数値根拠は私は把握してはいないが、あながち間違えでないと私は思っています。
結婚相談所で婚活をするなら、条件ばかりに目が行きがちになるが、条件を広げて積極的に
お相手を出会うようにしていただく事はとても大切です。

年齢を数字だけで考えるよりも、その人の持つ人間的な魅力にも触れてみる事はとても重要ではないでしょうか。セルマンで婚活をする会員にも

「もし、あなたに条件外の異性からのお見合いの申し込みがあったとしても、少しでもいいかも?と思ったらお見合いをしてほしい。」
「プロフィールだけで、その人のほんとうの魅力はわからない。会ってみてダメなら断ればいい!」

と積極的に伝えています。

そして、あなたが相手に求める事があると言う事は、そのお相手もあなたに求めているものがあります。積極的に容姿&40代の持つ魅力を引き立たせるための自分磨きが必要となります。

そして、40代アラフォー世代の方に!セルマンがお伝えしたい事があります。婚活をきっかけに、出会う全ての方へ、感謝の気持ちを今以上に大切にしてほしいです。

こんな事を言われなくても自分は大丈夫!と思われている方も多いと思いますが、自分が思っているよりも、40代アラフォー世代以上の方は、体力の衰えとあわせて感情表現の衰えもあります。この事は私自身にも言える事です。私も仕事でもプライベートでも出会った方や、起こりうる様々な出来事に今まで以上に感謝するように心掛けています。

感情の衰えを克服する事は不可能ですが、衰えを防止する事は可能です。年齢を重ねても、フィジカルトレーニングをすればパフォーマンスをキープできるように、嬉しい、ありがとうと言う感情に敏感になり、感謝の気持ちを言葉にする事もトレーニングと考えています。

特に男性においては40代以上のハイクラスのビジネスパーソンの多くは、自分の感情の衰えがある事を理解していて、パフォーマンスを維持する事への努力を怠っていません、人としての魅力は、磨くと輝く事を知っています。

●まとめ

一生を共にする出会いの機会。常に感謝の気持ちで婚活に臨んでいれば、新たな自分の気付きが実感でき、そこからあなたの理想のお相手との縁が生まれてきます。それこそが、40代アラフォー世代の、婚活男女の婚活必勝法なのです。

9-1-01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせはこちら

結婚相談所 セルマンへのアクセス

お問い合わせはこちら