婚活サポートブログ

結婚相談所で交際になったら!敬語orタメ口どっちがいいのでしょう?

敬語、タメ口、会話

こんにちは。結婚相談所セルマン中西です。

結婚相談所でお見合いを終えて、晴れて交際になった時の2人の会話は敬語で話すのか?それともタメ語(タメ口)で話すのか?って考えた事はありますか?実際に交際になった方の中には「今、交際している人とずっと敬語で話しをしてるけど、他の人はどうなんだろう!」と気になっている方も多いと思います。

実際にセルマンで交際中の会員さまとのサポートにおいて、交際相手との敬語、タメ語の質問や話題はよく出てきます。そこで今回は、交際中になったら敬語で話しをするのが良いのか?タメ語の方が良いのか?をお伝えしたいと思います。

結婚相談所で交際になったら会話は敬語?タメ語?

●敬語を使うメリットデメリット

結婚相談所でお見合いになった時の会話は敬語ではじまるのは当然だと思います。
初対面でいきなりタメ語だったらビックリしますよね!

敬語であれば相手の方に対して失礼にならないし、大人の2人が過ごす上で敬語の方が心地いい場合があります。敬語を使い会話をする事は、思いやりを持って接する上で必要である事は、誰もが理解しているはずです。

ただ、初対面から何回か顔を合わせて2人が過ごして行く上で、お互いの会話が敬語のままだと、よそよそしく感じたり、今以上に仲良くなれないように感じたりすることもあります。でも急にタメ語にするのも何だか変な感じがしますよね。

敬語を使う上でのメリットは相手に思いやりを持って接する事ができる。
その反面、2人の距離感が近くなりにくいデメリットがあります。

●なぜ敬語を使ってしまうのか?

交際をして何回も会っているのに、なぜ敬語のままなのでしょう?疑問に思いますよね!いろいろな理由があると思いますが、大きくわけて

1.敬語を使っておくと相手に失礼にならない

2.敬語を使う事でちょうどいい距離感が保てる

3.敬語からタメ語に切り替えれない。どう切り替えたら良いのかわからない。

が挙げられます。

●敬語で話されている人が感じている事

男女の会話で敬語で話しているのは男性側が圧倒的に多く、女性の方はタメ語で話しをしてほしい、と感じている方はとても多くいます。先ほどでもご紹介したように、敬語での関係性はお互いの距離が近くなりにくく、敬語で話されている側の女性は、

私の事があまり好きではないのかな?
私に対してどう思っているのだろう!
ずっと敬語はなんかつまらない

と感じてしまいます。それと同時に敬語で話されている事に対しストレスを感じている方もいます。

●交際中ずっと敬語の方へ!どう切り替える?

敬語ばかりの状態から、どう切り替えていくのがスマートでしょう。ストレートに「敬語をやめて普通に話しをしませんか?」と伝えたいところ。でもなかなか言いにくいですよね?

カウンセラーである私が使うテクニックですが、敬語の中にタメ語を放り込む方法があります。放り込むタイミングとしては、感嘆詞をタメ口にする方法。言ってる本人も抵抗感なく話す語ができます。会話例として紹介していきましょう。

男性「●●さんは仕事が忙しいですか?」
女性「そうなんです。最近毎日残業続きで」
男性「えー!そうなんだー。忙しくてもリラックスするようにしたいね」「ストレスもためないように、しておかないとねー」

男性「最近食べた料理でこれがヒットってありますか?」
女性「先月、市内にあるイタリアンで食べた料理かおいしかったです」
男性「イタリアンかー!僕もイタリアンが好き!
次回イタリアン行きますかー?」
「でもどこがいいかなー?あっ!それだったら一緒に探さない?」

抵抗なくタメ口を使うポイントとしては、タメ言葉をやわらかく使う事です。会話の中で

「わかるわー!それ」
「それあかんなー」「それだめだねー」
「そうそう」

会話の例で紹介しましたが、ポイントとしてはタメ口で丁寧に話す、やさしくタメ口で話すようにすると、抵抗なくタメ語を常用できるようなります。

月曜から夜更かしで、関ジャニの村上さんのタメ語の使い方は参考になると思います。

女性の場合は、1クッション入れてストレートに伝えてみればいかがですか?

「私●●さんともっと仲良くなりたいから、敬語じゃなくてタメで話しませんか?」

それでもちょっと抵抗ある方には、男性を褒める時にタメ語に入れていくのも、一つの方法です。

「えー!その話し面白い」
「この料理、凄くおいしい」
「●●さんのカバンすごいおしゃれ」

そのように言われた男性が、まんざらでもない反応なら、そこからタメ語を少しずつ入れながら

「●●さんとタメ口で話してたら凄い落ちつく」

と話してみたら、男性も

「実は僕もそう思ってて。。。」

となります。

敬語からタメ語に切り替えるには、自分の気持ちが高くなった時に「ついでちゃった」感じでタメ語を話したり、相手の気分を高揚させながら使うと、抵抗なく切り替える事ができます。

●どのタイミングでタメ語に切り替えればいいの?

敬語からタメ語への切り替えるデート○回目で使う!と言うのはありません。できるだけ早いタイミングで切り替えたほうがいいでしょう。

初対面であいさつをしてスグにタメ語に切り替えるのは違和感がありますが、会話をしていて仲良くなった時や、相手に対してちょっとツッコミを入れてみたりするタイミングで、タメ語を入れていけばスムーズだと思います。

お見合いと言う初対面のシーンでも会話がはずんで行けば、タメ語で話しをしても問題はありません。むしろそのほうがお互いに心地よい時間を過ごせると思います。

特に女性の方はそのほうが、うれしく感じるはずです。ただ、偉そうにタメ語を使うのはNGです。丁寧にタメ語を使う事です。タメ語を敬語で話すようにしてみるのがポイントです。

●まとめ

タメ語を使うことに対して失礼にあたらないか?と感じてしまうかもしれませんが、タメ語で話すことで相手とのコミュニケーションが円滑になったり、お互いの気持ちが前に進んでいきます。

結婚をしても敬語っておかしいですよね!

男女の間で敬語を使い続けることは違和感を感じるようになります。現在交際中の方で長期にわたり敬語を使い続けている方も、タメ語に切り替えてくださいね。

成婚のヒントってこんなところにあるかもしれません!

相手に対して思いやりのあるタメ語を使ってお互いに距離を縮めていきましょう(^^)

 

結婚相談所・大阪・カウンセリング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせはこちら

結婚相談所 セルマンへのアクセス

お問い合わせはこちら