婚活サポートブログ

結婚相談所のステージでは相手を選びすぎない・考え過ぎない

4.5

※2020年12月18日再編集

こんにちは。大阪の結婚相談所セルマンです。

結婚相談所で婚活を進めると、どうしても

“相手を選びぬいてから決める”

そのようになります。

お相手の方の条件を見て、私にはもっといい条件の方がいるはず、そんな感情が強くなり、選んで選んで選び抜いて、そのようなことをしていると会う前の段階から疲れてしまいます。選び抜いてお見合い申し込みをしてお断りをされてショックを受けて傷ついているのは、1人で勘違いして勝手に傷ついているようなものです。

お見合いの申し込みのタイミングでは少しでもいいな!気になる!そんな方がいれば、どんどんお見合いの申し込みをするべきです。

その理由はプロフィールだけではわからない、その方の人柄や空気感といったものがあるからです。プロフィールを見て素敵と思い実際にお会いしたら、イメージと違うということはありますし、会う前はあまりピンとこなかったけど実際に会ってみたら素敵な方だった、そのようなことはたくさんあります。

会ってみてダメだと思ったらお断りの回答を担当のカウンセラーに伝えればいいだけのこと。お見合い前にあれこれ考えて考え抜いて、どうしよう!と考えてこだわり過ぎるのは、時間と労力の無駄になってしまいます。

セルマンでも会員さまには、お見合いをするのも、交際をするのも、考えて決めるのではなく、決めてから考えればいいとお伝えしています。

お見合いをするのを決めて実際に会ってみてそして交際に進むか考える。そして嫌と思わなかったらとりあえずプレ交際に進んでみる。プレ交際はお試し期間なので気軽に交際をすればいいのです。交際をしてデートをして合わないと感じれば、担当のカウンセラー交際終了をすればいいのです。

そしてその経験はご自身に○○のような人が自分には合っている。○○の価値観をお持ちの方が私の理想とするお相手。といったフィードバックが訪れます。そのフィードバックは活動をした時とは違っていたりしています。そのセルフトークは正しい答えになります。そこから先に訪れるご縁も取りこぼすことはなくなるはずです。

関連記事:婚活に失敗なんてない、そこにフィードバックがあるんです

少し雑な伝え方にはなってしまいますが、

会ってみなはれ、交際してみなはれ、それでもあかんかったら断りなはれ

のスタンスで活動をするほうが、結婚相談所での婚活はスムーズに進みますよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚相談所 セルマンへのアクセス