婚活サポートブログ

交際相手にシビアになりすぎているかも

大阪北摂の結婚相談所セルマンです。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

結婚相談所で出会い交際に至り交際をすると相手のいろんな面が見えるようになってきて、お見合いの時や交際した当初とは印象が違ってくる事もあります。

「あの人の◯◯と言った。私には理解ができない」
「◯◯のリアクション。デリカシーに欠ける」
「◯◯をするこに衝撃を受けた」

このように、相手のちょっとし言動やアクションに対して敏感になりすぎると、すぐに交際終了の判断をしてしまいます。

相手のネガティブな面を見て感情的になりすぎるのは婚活のシーンにおいては特に気を付けたほうがいいです。

出会った相手とデートをしてお互いにコミュニケーションが十分に取れていない状況で緊張やプレッシャーのあまり、空回りをしてしまいいつもの自分とは違うリアクションをしてしまう事って誰にでもあります。

相手の方がちょと変わったリアクションをしたのを見てあからさまにイヤな態度をとったり、相手の嫌な部分をクローズアップして指差して人間性まで否定してしまうのはNGな対応です。また相手の持つ価値観に違いがあった時に、相手の持つ価値観に対して、理解ができない、意味がわからないなど”自分の価値観を正義”としてしまっていませんか。

逆に出会った相手から同じようにされていると知ったらあなたはどう思いますか。悲しいですよね。

●関連記事

結婚相談所での交際がスムーズに進むために必要な1つのこと| 吹田市の結婚相談所セルマン (bridal-serment.com)

* * *

NLP(コミュニケーション心理学)ではこのようなフレーズが用いられています。

「地図は領土ではない」

人それぞれに物事の考え方や感じ方があるというもの。人の持つ考えを自分の領土と言うモノサシにあてはめても、その人の地図を変えることはできません。人それぞれに異なる地図を持っています。交際のシーンでは相手の持つ地図を見て知ることが大切です。

相手の地図を見る方法は、交際のシーンでお互いの持つ価値観をたくさん話すことです。結婚相談所で出会った相手と出会ったタイミングで、自分はどんなことが好きか、自分はどんなことをされたら嫌か、といった価値観の部分をたくさんシェアできるかどうかはとても重要です。

交際当初の段階で価値観の情報共有ができている人は、相手に対して冒頭でお伝えしたリアクションはしていません。相手に対してシビアになる人に共通しているのは、コミュニケーションを取る姿勢が不足しています。交際をしてデートのシーンで自分からは何もせずに、相手の出方を見てそれに対してあれこれと指摘する傾向があります。話し合うことができなくそのようにしても何の発展もありません。相手の方もそのようなリアクションをされてしまうと困惑してしまいます。

出会った相手の、したことやったことに対して、過敏に反応すると、今後訪れるご縁が先に進むハードルはグッと高くなります。あなたにとって最高の良縁を取り逃がしてしまうことなんかしたくありませんよね。

”お互いのことを深く知る”を最優先して交際をするようにしましょう。そのようにできていれば仮に価値観に違いがあったとしても、冒頭でお伝えしたリアクションにはならないはずです。

そのような方に幸せになるチャンスが訪れてきます!

ブログを読んでいただきありがとうございました♪

* * *

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚相談所 セルマンへのアクセス