婚活サポートブログ

そうだったのか、見合いでお断りをする本当の理由。

お見合い・お断り・本音

お見合いをしてお相手からお断りの回答があった時「断られる理由って何だったのだろう」、と思われるのではないでしょうか。

お断りをする理由に”フィーリングが合わなかった”があります。実際に会ってみて自分の好みの人でなかったり、考え方や価値観が違うことは誰にでもあります。

それとは別に、相手の言動や行動が原因でお断りすることがあります。実際に会員さまからも「すごくいい方だったけど、○○が気になってしまって・・・」や「見た目はタイプだったけど○○をしたことが私には無理だった」または「お見かけした印象が○○だったのと、○○なことをするのが目に付いてしまった」、「交際しようかどうしよう!とすごく悩んだけど、お見合い中の相手の〇〇が気になってしまって、、」というように、あとチョットのところでダメになってしまうことも多くあり、私自身「それほんとうにモッタイナイ!」と思うことも数多くあります。

お断りのお声もセルマンで活動する会員さまからの声であったり、お相手の相談所さまから頂くこともあります。

そこで、今回はお見合いをしてお断りをする理由を、会員さま、お相手相談所さまから頂いた声を基にまとめみました。本人は気づいていない癖や考え方などもあります。ご紹介する内容に少しでもピンと来たら!要注意です。

お見合いのお断り!ほんとうの理由

◆お見合いスタート前

実はお見合いを終えた会員さまから感想を聞くときに、お見合いをする前の段階で、お相手に対して軽い不信感を抱いてしまうケースがあります。

●お見合い日程が決まらない

お見合い日程調整進まない

セルマンが加盟する「日本結婚相談所連盟IBJ」ではお見合いが成立すると、お見合い日程のスケジュールの調整を進めていきます。原則、お見合いを受けてOKをした側が、お見合い日程を複数候補をお相手さまに伝えて、それを基に日程調整を進めていきます。

もし日程が合わない場合は、双方が歩み寄りを持ってお見合い日時と場所を決めていきます。そのようなスケジュール調整の中で、お見合いができる日時が限定的すぎる方や、お見合い場所をご自身の自宅近く以外は譲歩されない方も中にはおられます。そのようなお相手さまとお見合いが確定となった場合、お見合いをする前の段階で気持ちは下がってしまいます。

実際にあった例として、少し遠方のお相手さまとのお見合いが決まり、日程調整を進める際「毎週〇曜日の午前10時から12分スタートの2時間限定。お見合い場所は自分の住むエリア限定」との掲示があり、どうしても時間が合わず、さらに、お相手さまの時間と場所の譲歩がなく、仕方なくお仕事を休み、他府県にあるお見合いエリアに行かれた例もございます。

当然、お見合いをして実際に話しをしても、良い印象はなく、お見合い結果は「お断り」となりました。お見合いの日程調整の段階で、すでにお相手さまの印象を感じとることができますので、お見合いが決まったタイミングで、思いやりの気持ちを持ってお見合いスケジュールに臨みましょう。

もし、お見合いが確定したタイミングで、お仕事などが多忙な場合でお見合いの日程が限定的になってしまう場合は、「申し訳ありませんがお相手さまによろしくお伝えください。」と担当カウンセラーにお伝えいただくと、お相手のカウンセラー経由で、お見合い相手にお気持ちが届きます。お見合いが決まった時は、思いやりの気持ちを持ってお見合い日時と場所を決めるしましょう。

◆お見合いのとき

●清潔感のない人

清潔感のない男性

女性が男性の方に対し「清潔感のない人」といった印象を抱く女性の方は意外と多く、お見合いのお断りの理由の中でも上位を占めます。

「清潔感がない人」と言われてもピンと来ない男性の方も多いかも知れませんが、身体的なことでは散髪をせずボサボサの髪型、ヒゲもそり残しがあったり、目ヤニは鼻毛が出ていたり、歯に食べものが付いていたり、爪はボロボロで汚ない事を指します。

あと服装においては、お見合いに臨む時に着ているスーツがダボダボのシルエットでシワが多かったり、靴が汚れていたり、靴全体がくたびれているのは要注意です。

女性は本能的に男性の先端をみる傾向にあります。先ほどにもご紹介したように、体で目に付く所として、剃り残しのヒゲや、出ている鼻毛、汚い指先、そしてカッターシャツの襟元の油汚れや袖口など、お見合いで向かい合って話しをしている時に目に入る男性の方の先端を女性は無意識に見ています。

気がつかないチェックポイントとして、靴のカカトはすり減ったり、汚くなってませんか?
お見合いでの待ち合わせや、お見合いを終えで会計をして外まで2人で歩くと思います。
男性が前を歩くとき、後ろで歩く女性から、男性の靴のカカトは目に入りやすくなります。

街中を歩いている時、前を歩いている人の靴のカカトが片減りしている方を見かけたことはありませんか?それを見たときに抱く印象として多いのが、一般的に、だらしなさそう!と思われたり、その方の内面が汚く見えてしまったり、雑な人と見えたり、経済的にも良くなさそう!と言われています。

お見合いのシーンでもそうですが、交際に進んだ時のデートでも、清潔感を持つように普段の生活面から心がけるようにしましょう。

●あれこれと条件のことを聞きすぎる

条件ばかりの婚活はダメ

お見合いをしたときに、条件のことを根掘り葉掘り聞かれる方もまれにおられます。お見合いの席では、プロフィールでは感じることができない、その方のお人柄に触れる機会です。条件面などはすでにプロフィールにも書いていますし、聞きたいことは交際に進んだときに、さりげなく会話の中でお相手の方にお聞きするか、担当カウウンセラーに確認してもらったりするのがベストです。

条件と結婚するのではなく、人と人とが出会い惹かれ結婚することは見合いでも恋愛でも同じことです。

●警戒心が強い

お見合いの際、自分のことはあまり話さずに相手のお話しを聞いてばかりだったり、相手からの質問内容に対して嫌な態度を示したり、神経質になりすぎている方は、相手から「警戒心が強い人」というレッテルを貼られてしまいます。

警戒心が強すぎる人とのコミュニケーションを取るには必要以上に気を遣います。最初は気を遣って話をしたり話しを聞いてみたりと頑張ってみても、心を開いてもらえなかったと感じてしまえばそれで終わりです。

人間は多かれ少なかれ警戒心を持ち合わせています。他人と自分を比べない。相手にどのように思われているなんて気にない。そして自分の苦手なことや弱さを、初対面の人にもさらっと言ってしまえば、とても気が楽になります。

お見合いの場で最初のうちに「私、初対面の人とお会いして話しをするのが恥ずかしいんです」や「僕、2人きりで女性の方とお話しする経験があまりなくて。少し緊張しちゃいますね(笑)今日はよろしくお願いします。」と自分の弱さを言葉にしてみませんか?お相手の人も「正直な人」や「誠実な人」といった印象を抱き、好意を持って接してくれます。

自分の気持ちや感情を言葉に出して伝えることで、お相手の方の反応が良くなることが実感できるはずです。

●姿勢が悪い

初対面の時、相手の第1印象はほんの数秒で決まると言われています。姿勢も判断材料に入ります。お見合いの紹介の時にも、姿勢が良くない方を見かけたりします。自分ではあまり気にならなかったりしていても、相手からは、あなたの姿勢(ポーズ)を見て、お人柄を判断されています。

姿勢が悪くて猫背になっていると「なんだか頼りなさそう」「テンションが低そう」と思われます。また、姿勢がのけ反っていたり、肩で風を切るような歩き方をしている姿を見ると「態度でかそう」「ガラが悪そう」といった印象を持たれてしまいます。

お見合いの待ち合わせ場所の多くには鏡があったり、自分のシルエットが確認できる、ショーウインドーや窓ガラスなどで、姿勢をチェックするようにしましょう。

●コーヒーなどの飲み方が汚い

お見合いの時にカフェラウンジでオーダーするコーヒーや紅茶などは、スマートに飲まれていますか?「アイスコーヒーを手に持たずに、口からストローに寄せて飲む態度が気になってしまった!」「話しをしながらずっと、ストローの袋を折り曲げていた。なんだか子供っぽい!」「会話中ずっとスプーンで飲み物をクルクル回していた。食事のマナーも悪そうに感じた!」と言った声はあります。

ご本人は無意識にしていることは、お相手からすると目についてしまします。お見合いは双方の人柄を知るためにあります。きちんとお相手の方と向き合って過ごすようにしましょう。

●プロフィールとご自身は同じ人ですか。

プロフィールを見てお互いに「会ってみよう」となり、2人が初めて出会うお見合いのシーン
では、既にプロフィールの内容を見ているので、お相手のイメージというものが、出会う前の段階である程度出来上がっています。

実際にお会いしてプロフィールのイメージと実際のお人柄に相違があると、お見合いの終了と同時に「お断り」の判断をされがちになります。「フィーリングが合わなかった」と言うお断りの理由の多くは、プロフィールと実物との違いが多くにあります。婚活中の方は自身のプロフィール通りのお人柄ですか?もしご自身のことを「誇張していたり」「別人になっている」ではませんか?もう一度ご自身のプロフィールを確認してみませんか?

婚活はパートナーと出会い結婚をするためにあります。お見合いをするためだけにあるのではありません。ある程度、ありのままのご自身の婚活を進めていかなければ、お見合い確定から先に進みにくくなることもあります。

お見合いの申し込み数が少なくなったとしても、確実に婚活を進めていけるプロフィールにしておきましょう。「100人お見合いをしても、1人とお見合いをしても結婚する相手は1人」ということを忘れてはいけません。

●まとめ

幸せなパートナーとの出会いを求め婚活をして、実際に顔を合わせるお見合いのシーンにおいて、日常の生活ではスマートな対応をされている方も、この時だけは緊張をしてしまい、普段の自分ではないような、変な感じになってしまっている方も多いと思います。お見合いにも慣れがあり少しずつリラックスしてお見合いに臨んで頂けると思います。

また中には、お見合いもある程度回数を経験されている方もいると思います。そのような方は回数を重ねることで慣れが生じてしまい、マナーやエチケットに対しても、まっいいか、と思いがちになってしまいます。結婚相談所でお見合いが決まったら!確認しておきたい4つのルール&マナーでも詳しく書いています。

お見合いでは、身なりと態度に目が行きがちになります。今回ご紹介したポイントを気にかけていただくことで、お見合いから交際へ進んでいただける確率はぐっと高くなるはずです。

そして、出会ったお相手の方には出会いの機会に感謝をして誠実なお気持ちでお見合いに臨むようにしてください。

「この人と出会えて良かった!」と思える出会いのチャンスは、あなたの心がけ次第で大きくなっていきます。

お見合いOK返事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせはこちら

結婚相談所 セルマンへのアクセス

お問い合わせはこちら