婚活サポートブログ

結婚相談所で婚活中の女性の方へ!相手に対してシビアになりすぎてませんか?

婚活、お見合い、お断り

こんにちは!大阪北摂にエリアの結婚相談所SERMENT(セルマン)です。

さて、女性の方は結婚相手に何を求めますか?皆さんお相手に対する条件があると思います。

結婚相談所で登録する男性会員のプロフィールには、身長や年齢と言った身体的な事や、お仕事と年収面の事、そして趣味や趣向やお人柄の事などが記載されています。 そのような条件を見て、“この人と会ってみたい”と思えばお見合いの申し込みをし、またお相手の方から“あなたに会ってみたい”となればお見合いの申し込みがあります。そして、お互いに会ってみよう!となれば、お見合いのシーンに1つコマを進めていきます。

そして、お見合いをして「もう少しお相手の事を知りたい」、「次も会ってみたい」となれば仮交際に発展していきます。 結婚相談所での婚活の山場の1つとして仮交際での「ファーストデート」 がありますが、お見合い以外で初めて2人一緒に過ごす中で、会話が噛み合わなかったり、ぎこちない感じがしたりすると、ファーストデートを終えたタイミングで

「私にはちょっと合わない」

「お話しをしてて、違和感を感じた」

などの理由で1回目のデート終了と同時に「交際終了」 の判断を下すケースが、たくさんあります。 お見合いの時とは少し違った 雰囲気のファーストデートでは 、お相手の事を違う角度でみる事ができるので、お相手の方の良い面が見えたりしますが、それとは逆にお相手に対して言動や立ち振る舞いに対して「あれ?なんだか違う!」と感じる事もあります。

ですが、お相手に対して生理的に受け入れられない事があったり、もうこの人とは無理!と言う、決定的な理由があれば、お断りの判断をすれば良いのですが、「なんとなく合わない」や、少し悩んでいるけど「まだ他に出会うチャンスもあるしお断りをしよう!」と言った理由で交際終了の判断をするのであれば、セルマン的には「もう少し待ってほしい!」と声に大に出して言いたいのです。

お見合いから先に進んだばかりの、“ファーストデートのタイミング=仮交際になりたて”での2人きりで会うシーンはまだちょっとぎこちない感じがしたりします。男性も「何を話せば良いのだろう」「ちゃんとエスコートができるかな?」と、あれこれと色々考えてしまいがちになります。

お見合いからの初デート!普段とは違う非日常の世界!

男性の方も、少し戸惑いを感じながらも初デートを迎え、自分なりに色々と話しをしたりするけど、 空回りしてしまって、焦ってしまい 、自分らしくない状態で初デートを終えられている方は、たくさんいらっしゃいます。

仕事やプライベートでは自分らしさを持って毎日を過ごしているのだけど、婚活では自分らしくなれなくて、苦労されている方はほんとうに多いのです。

 自分が自分でないような。。。 婚活男子あるある。

セルマンでは、仮交際になった時、女性会員さまにお願いしている事があります。それは、デートの時に相手の方が過ごしやすいように“アシスト“してほしいのです。アシストする!と言うと、難しい事をしなければならないイメージがると思いますが、デートの時には

相手に対して笑顔で接する。

相手の話しに興味を持つ、そして理解をしようとする。

出会いの機会に感謝する。

男性に対して、笑顔、興味、感謝といった反応をより意識してほしいのです。そうする事で、男性はリラックスする事ができ、普段の自分らしさを取り戻す事ができます。 そして本来持つ相手の魅力に触れる事ができます。

 ファーストデートで男性の方は、女性と2人きりで過ごして行く事が上手くできない!と言う腹づもりを持って、ちょうど良いのかも知れません。1回目のデートで、この人どうかな?と思ったとしても、 2回目のデートでも同じように接してみてください。 それでも違和感を拭えないのなら「お断り」をすればいいんです。

仮交際に発展した1,2回目のデートでは男性に対して女性ならではの気遣いや優しさを、より意識して接していただければ緊張でガチガチになった男のハートも緩くなっていくはずです。

セルマンが過去に書いたブログにも紹介しているように、男はプライド高い生き物です。

そんな男心を知ってみてはいかがでしょうか。

結婚相談所、大阪、成婚

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせはこちら

結婚相談所 セルマンへのアクセス

お問い合わせはこちら